Infertility

press release

仲良し家族

男性不妊について

現在不妊原因の約半分は男性側にあると言われています。不妊治療を始める時女性…

»readmore
かわいい赤ちゃん

不妊治療中の気持ち

私は排卵障害で不妊治療をしていたのですが、排卵をしていないと告げられた時に…

»readmore

六本木で不妊治療を始める前に夫婦で共通認識を持つこと

赤ちゃん

六本木で結婚したら子供を授かることが当たり前だと思っていると思います。でも現実はそう簡単なことではないのです。結婚して3年、4年と年月が過ぎると考え始めると思います。何か原因があるのではないかと。そして安易に不妊治療があるから大丈夫と考えてはいけません。
不妊治療とは、なかなか赤ちゃんができない夫婦にたいして行う不妊治療ですが、六本木で不妊治療したからといって必ず赤ちゃんができるというわけではありません。何年も通い続ける夫婦もいれば、通ったらすぐにできてしまう夫婦もいるのです。経済的にも保険対象外の治療が多く、高額なものになります。そしてスケジュール管理がとても大変です。絶対にこの日ではないといけないとか、排卵時期に合わせてホルモン注射、もし人口受精や、もっと高度な治療を必要な場合は、スケジュールを夫婦で合わせないといけないのです。もの凄くストレスなのです。
もし不妊治療を始めてたいと考えているのなら、お互いに不妊治療に対して共通認識、共通目的を持ってください。目標は赤ちゃんができるまでとかではなく、2年だけ、医療費はここまでといったラインを作ったほうがいいです。不妊治療に一歩足を入れてしまったら、なかなかやめられないスパイラルのようなものにはまってしまいます。
不妊の原因は、女性、男性半々と言われています。夫婦との絆、連携プレーで六本木の不妊治療を始めてみてください。

六本木で不妊治療に取組む際に男性が行うべきこと

六本木で夫婦揃って子供がほしいという話になった場合、まずは自然妊娠にチャレンジするという人達が多いでしょう。六本木の不妊治療は費用もかかりますし、できれば病院に頼ることなく子供を授かりたいものです。
しかし、自分達がそれほど若くない夫婦だと認識しているのであれば、少しの期間自然妊娠にチャレンジして成果がないのであれば、すぐに病院に行くのが良いでしょう。病院に通い、適切なアドバイスに従い、妊活に取り組むのです。男性も、女性も、高齢になればなるほど、妊娠できる可能性がどんどん少なくなっていくからです。早目に不妊検査を受け、プロによる指導やアドバイスに従うのが良いのではないでしょうか。
さて、この場合、不妊検査というとどうしても女性だけというケースが多くなります。しかし、できれば早い段階で病院に行くべきでしょう。そして精液検査を受けるべきではないでしょうか。女性ばかりが通院して、一生懸命妊活をしていても、男性側に不妊の問題があったたため、一向に妊娠できないというケースが少なくはないからです。
今は病院にいかなくても、精液検査を受けることができる病院もあります。産婦人科に行くということに心理的ハードルがある場合は、通わずに検査ができる病院を探すと良いのかもしれません。
早い段階で男性も不妊治療を受け、六本木でより効果的な不妊治療を心がけるのが得策でしょう。

六本木で不妊治療と気負いせず まずは検査をしてみて下さい

最近六本木では『不妊』という言葉を多く耳にします。実際には『二人目不妊』という ご夫婦も少なくないし確かに歳の離れた子供がいるというのもよくある話です。
結婚後普通に妊活をしているのになかなか子宝に恵まれずそれでも来月こそは大丈夫!と信じ過ごします。自分が妊娠しにくい身体であるという事実を認めるのが怖いしどんな事をするのかもわからずなかなか六本木の病院に足を運ぶことにも目を瞑ってしまう。来月こそは大丈夫!と信じて。
『なかなか子供が授からないので不妊治療のために病院に行く』といってもいきなりホルモン治療や体外受精などといった治療に入るわけではありません。
まずは医師との問診から始まり妊活指導具体的には排卵日を見極めチャンス日を決定します。妊活後はもちろん医師の診察によって妊娠の可能性があるかどうかも確認することができます。
何度かチャレンジしても妊娠の兆候がなければ卵管に詰まりはないかホルモンのバランスは崩れていないか ホルモンが崩れる原因になるような病気はないかなど幾つかの検査が始まります。
卵管の詰まりやホルモンバランスを改善しただけで妊娠した例も数多く聞くし何年も不妊だったのに「孫はまだか」などという姑と別居した途端に即めでたく妊娠なんて話もあります。単純に身体にだけ問題があるわけではなかったり女性だけではなく実は男性側に問題があったという話も病院に出向かなければわからない話です。『自分は不妊治療のために病院に行く』と捉えずにまずは『なにが原因なのかを調べる』という気持ちでぜひ六本木の婦人科の医師に不妊治療について相談してみて下さい。

recent news